診療案内
婦人科

 当クリニックでは予約の方を優先して診察しています。予約はこちらから。

また診察時間内にお電話でも予約を受け付けています。予約が取れない場合は予約外で診察しています。診察時間内にお問い合わせ下さい。

新患の方は予約できませんので直接お越しください。

急患の場合はお電話ください。症状に応じて早めに診察します。

外来診療画像

line_bear

婦人科

以下のような症状がある場合はお越しください。

  • 不正性器出血(生理以外の出血がある、ピンクや褐色のおりものも含む)
  • 生理不順(生理の間隔が長い、短い、ばらばらである、生理が来ない)
  • 生理の量が多い、生理痛がある、生理が長引く 

    ▼ 詳しくはこちら

     症状により低用量ピル、ミレーナ(子宮内黄体ホルモン放出システム)、鎮痛剤の内服、貧血の治療などを行います。

  • 陰部が痒い、痛い
  • おりものが多い
  • 下腹部が痛い
  • 検診で異常があった(がん検診の異常、ポリープなど)
  • なかなか妊娠しない
  • 子宮が下がってくる、子宮脱(特に高齢の方)
  • 顔がほてる、冬でも暑くなる(特に50歳前後の方) 

    ▼ 詳しくはこちら

     更年期による症状の可能性があります。症状に応じて漢方薬治療やホルモン補充療法を行っています。

  • おしっこする時に痛い、回数が多い、残る感じがある
  • 低用量ピルについて 

    ▼ 詳しくはこちら

     低用量ピルは周期的に内服するホルモン剤で、副作用を減らすため効果を維持できる最低限のホルモン量が含まれている薬剤です。
    飲み忘れをしなければほぼ100%の避妊効果のある優れた避妊薬です。内服を中止すればいつでも妊娠は可能です。
    また副効用として生理の量が減る、生理痛が改善する、生理周期が安定する、月経前症候群(PMS)が改善する、排卵痛がなくなるということも期待できます。
    当クリニックでも問診票と血圧を確認の上処方しています。
    生理痛がひどい場合には保険適応になります。

以下の場合は自費診療になります。

  • 子宮がん検診希望
  • 避妊希望(低用量ピル)
  • 緊急避妊希望(性交後72時間以内に診察時間内に来院してください)
  • 生理をずらしたい(ずらしたい生理より1回前の生理中に来院すればより副作用の少ない低用量ピルが使えます)
  • 子宮頚癌予防ワクチン 

    ▼ 詳しくはこちら

     子宮頚癌予防ワクチン
    (ガーダシル)の接種について

    子宮頚癌は発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頚部に感染することにより発生することがわかっています。 子宮頚癌予防ワクチン(ガーダシル)はこの発がん性HPVのうち頻度の多い2種類のウイルスに対するワクチンで、全体の60から70%に予防効果があります。

    性交経験のない10代前半の方が接種するのが最も効果的ですが、それ以外の方でも予防効果はあります。 ただし残りの30から40%のHPVには効果がありませんので、接種後も子宮頚癌検診は必ず受けてください。(ワクチンを受ければ子宮頚癌を100%予防できるわけではありません)

    また現時点でHPVに感染している場合や病変がある場合にはこれらに対する治療効果はありませんので、ワクチンを受ける前に子宮癌検診を受けることをお勧めします。

    これ以外にガーダシルは尖圭コンジローマの原因となる2種類のHPVに対しても効果があり、全体の90%に予防効果があります。

    当クリニックではガーダシルの接種を行っています。
    接種は3回必要で(初回、2ヶ月後、6ヶ月後)、費用は1回につき16,500円(消費税込)です。

    詳しくは外来診察時にお聞きください。

  • 超音波検査による乳がん検診 

    ▼ 詳しくはこちら

     超音波検査による乳がん検診を行っています。しこりなどの自覚症状がある場合は乳腺科での診察をお勧めします。

  • インフルエンザワクチン(13歳以上の女性に限る)  

    ▼ 詳しくはこちら

    インフルエンザワクチン接種について

    日頃は当クリニックをご利用いただきありがとうございます。
    当クリニックにおいて10月15日からインフルエンザワクチン接種を開始します。料金は3850円(消費税込)です。
    13歳以上の女性が対象となります。先着順で在庫がなくなり次第終了になります。(料金を前納された場合は予約日までは取り置きは可能です)

    当院では妊婦さんには保存剤の含まれていないワクチンを接種します。
    妊婦は心肺機能や免疫機能に変化を起こすため、インフルエンザに罹患すると重篤な合併症を起こしやすいとされています。
    インフルエンザワクチンの母体および胎児への危険性は妊娠全期間を通じて極めて低いと考えられますので、妊婦の方にはワクチン接種が勧められます

  • 風疹(麻疹風疹混合)ワクチン
  • 風疹抗体検査
  • AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 

    ▼ 詳しくはこちら

     AMH(抗ミュラー管ホルモン)は発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。
    血中AMH値が原子卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。すなわち卵巣の予備能を反映するとされています。
    当クリニックでは希望者にAMHの検査を行なっています。費用は7000円です。

  • 母体保護法に基づく人工妊娠中絶術
    費用は12万円(10週未満、税込み)、14万円(10-11週、税込み)です。前処置、麻酔、手術、1週間後の再診の費用を含みます。

以下の公的業務を行っています。

  • 成人男性を対象とした風疹抗体検査及び風疹予防接種 

    ▼ 詳しくはこちら

    成人男性を対象とした風疹抗体検査
    及び風疹予防接種について

    平成31年4月から令和4年3月まで成人男性(年齢制限あり)を対象とした風疹抗体検査及び風疹予防接種が無料で行われます。
    ひとりでも多くの対象者に受けていただくために当クリニックでも女性同伴の男性に限り風疹抗体検査及び風疹予防接種を行います。
    希望される方はクーポン券を持参のうえ受診してください。

    • 1 実施期間
      平成31年4月1日から令和4年3月31日まで
    • 2 対象者
      1962年(昭和37年)4月2日から
      1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性

  • 岡崎市、幸田町の子宮がん個別検診 

    ▼ 詳しくはこちら

    岡崎市、幸田町の
    子宮がん個別検診について

    令和2年度の岡崎市、幸田町の子宮がん個別検診を行っています。(令和2年6月1日より令和3年2月5日まで)
    対象者にはヒトパピローマウイルス検査も同時に可能です。
    岡崎市の方はクーポン券持参で、幸田町の方は保健センターで申請の上、受診してください。

  • 高齢者肺炎球菌予防接種 

    ▼ 詳しくはこちら

    高齢者肺炎球菌予防接種について

    令和2年8月1日から令和3年3月31日まで高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種、任意接種)を行います。接種券持参のうえ受診してください。
    女性同伴の男性も接種可能です。

Top